Introduction support導入支援

生産性向上支援事業

産業用ロボット等の導入前検証(FS)補助金

産業用ロボット等の導入を検討する中小企業に対し、産業用ロボット導入に際しての事前検証やFS(実現可能性調査)に要する費用(生産性向上効果の算出や業務分析やシステムの検討等)の一部を補助します。

補助対象事業

産業用ロボットをはじめとした先端設備の導入により、生産性向上を図る事業であり、先端技術の導入による生産性向上効果の算出、生産工程の分析及びロボットシステムの検討等を行う事業が対象となります。

補助対象経費及び補助率

補助対象の経費区分 内容 補助率
人件費 ロボットシステムの事前検証やFSに従事する時間の人件費 対象経費の
2/3以内
1件あたり
最大200万円
外注費 システムインテグレータ企業(SIer企業)等による業務分析、機種評価、設計シミュレーション等に係る費用(物品購入費は除く)
その他 ここに掲げるものの他、 理事長が特に必要と認める経費

※この補助金の詳細につきましては、こちらへ
※他にも産業用ロボットの導入に関する支援がございます。問い合わせ先はこちらをご確認ください。

産業用ロボット等の未活用領域への導入実証補助金

産業用ロボット等の導入を検討する中小企業に対し、導入等の未活用領域における導入実証に向けた費用の一部を補助します。

補助対象事業

産業用ロボットをはじめとした先端技術の導入により生産性向上を図る事業であり、産業用ロボット等の先端設備の未活用領域における導入実証を行う事業が対象となります。

補助対象経費及び補助率

補助対象の経費区分 内容 補助率
人件費 ロボットシステムの実証に従事する時間の人件費 対象経費の
2/3以内
1件あたり
最大600万円
外注費 システムインテグレータ企業(Sler企業)等によるシステム設計、 試作・検証費、 構築・導入支援費
物品購入費 ロボット、周辺機器等の購入
その他 ここに掲げるものの他、 理事長が特に必要と認める経費

※この補助金の詳細につきましては、こちらへ
※他にも産業用ロボットの導入に関する支援がございます。問い合わせ先はこちらをご確認ください。

産業用ロボット導入支援補助金

市内中小企業の生産性向上、競争力強化を図ることを目的として産業用ロボットを導入、又は更新に要する費用の一部を補助します。

補助対象事業

産業用ロボットを導入、又は更新することにより生産性の向上を図る事業が対象となります。

補助対象経費及び補助率

補助対象の経費区分 内容 補助率
産業用
ロボット
導入経費
産業用ロボットの購入又は賃借、搬入、据付又は調整等、産業用ロボットの導入に要する経費 対象経費の
1/2以内
1件あたり
最大500万円
導入に伴う付帯経費 産業用ロボットの導入に伴い必要となった次の経費
・構築物又は既設の機械装置等の移設に要する経費
・活用に必要な技術指導の受入に要する経費
その他 ここに掲げるものの他、 市長が特に必要と認める経費

※この補助金の詳細につきましては、こちらへ
※他にも産業用ロボットの導入に関する支援がございます。問い合わせ先はこちらをご確認ください。

システムインテグレータ・ネットワーク推進事業

市内企業への産業用ロボット導入を促進するため、最適なロボットシステムの構想・設計、導入を支援するシステムインテグレータ企業のネットワークづくりを進めます。

ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)の重要性

ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)とは、ロボットや周辺装置を組み合わせ、ロボットシステムを構築する事業者です。
ロボットメーカーが販売する「産業用ロボット」には、物をつかむためのハンドは付いておらず、動き方も教えられていないため、中小企業が単独で自社の生産ラインに適合するようにロボットシステムを構築することは難しい場合が多いのが現状です。
そこで、ロボットを使用した機械システムの導入提案・設計・構築等を行う「ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)」と呼ばれる企業の役割が、今後のロボット導入促進に向けて重要な存在となります。

システムインテグレータ・ネットワーク推進事業イメージ

北九州システムインテグレータ・ネットワーク(略称:北九州SIerネットワーク)

平成30年度、市内企業9社からなる「北九州システムインテグレータ・ネットワーク」が設立。令和元年度は新たに4社が加わり、ネットワークの強化に取り組んでいきます。

  • (ネットワークの目指すもの)
  • ・ユーザー企業が抱える課題を、SIerメンバーで解決すること
  • ・新たなビジネスモデルの創出・形成を推進すること
  • ・会員企業の要素技術、強みをお互いが認知し、悩みや課題の共有をすること
ネットワーク会員企業(2019年9月時点)
  1. (有)ICS SAKABE
  2. (株)FAサポート
  3. (株)オーネスト
  4. (株)ソルネット
  5. (株)タイヨウ
  6. (株)ドーワテクノス
  7. (株)ヘッズ
  8. 前田機工(株)
  9. (株)マツシマメジャテック
  10. 松本工業(株)
  11. ミシマ・オーエー・システム(株)
  12. (株)リョーワ
  13. (株)YE DIGITAL

ネットワークの強化を通じて市内中小企業へのロボット等先端設備導入を推進

PAGE TOP