Informationインフォメーション

サービスロボットRelayを国内の教育機関として九州工業大学が初導入

 研究教育の一環として、サビウォーク社製のサービスロボットRelay2台を導入しました。
 これまで、民間企業での導入実績はありましたが、国内の教育機関では初めての導入です。
 今後、2台を活用し、パイロットプロジェクト(実践演習)を今年度後期に試行します。
 また、他大学との連携により、ロボットに関する高度な専門知識と経営知識を兼ね備えた技術者を育成する新コースを大学院に開設(2021年4月)を目指しています。

導 入 日:2020年7月29日(水)
導入場所:九州工業大学 若松キャンパス

詳細につきましては下記にてご確認ください(外部リンク)
https://www.kyutech.ac.jp/whats-new/topics/entry-7709.html

自律型デリバリーロボット「Relay」

NECネッツエスアイによる、ロボット技術講習の様子

PAGE TOP